新宿でヒゲ脱毛通いを検討中

ず一番に脱毛したいのは「ひげ」です。

なぜかといえば、ヒゲは毎日伸びてきてしまうものです。毎日添ってもまた生えてきてしまいます。

私は毎日夜の入浴時にカミソリで剃っていますが毎日となると結構面倒くさくなってしまします。かといって1回でも放置すれば、翌日は無精ヒゲになってしまい人前には出れません。

電気カミソリで剃っていた時期もありましたが。朝の忙しい時間帯に剃るにも3~5分とられてしまいます。

貴重な時間を無駄にしたくありません。

脱毛が可能であれば、毎日の面倒な顔そりをする時間が省け、効率的な時間を使えます。

また、カミソリを購入したりする手間も省けますしカミソリ負けによる出血も防げます。

そしてもう一つは「鼻毛」です。

私はなぜか鼻毛が伸びやすい体質なのか、すぐに鼻毛が伸びてきてしまいます。伸びた鼻毛に鼻くそがついてしまい見た目も大変悪いです。

今までは、手で抜く方法をしていましたが、いくら抜いても抜ききれないで残ってしまいます。

また、電気鼻毛切り器も使ってみましたが、すぐに止まってしまうし、いくら長い時間やってみてもやはり残ってしまいすべてをきれいには取りきれません。

脱毛が可能であればそれこそ1時間もかけて行っていた作業から解放され、無駄なストレスもなくなります。

私は鼻炎もちで常に花水や鼻づまりが酷くて鼻毛切り器もうまく使うことが出来ません。

鼻毛もヒゲも何か意味があってはえてくるものなのでしょうが、今現在の生活上必要ではありません。逆に邪魔な存在になってしまっています。

世の中の男性皆が抱えている問題なのじゃないでしょうか?

世の中にはすね毛等の体毛の脱毛が流行っていますがそれは見た目などの理由ではやっています。

しかしヒゲと鼻毛はそうではありません。

こんだけ脱毛技術が発達しているのですから、そのあたりの脱毛ができる店舗などが出来てくれれば大歓迎ですしそれなりのお金を払ってもいいと思っています。

通うなら、新宿ですかね。僕は都庁近くの会社に勤めているので新宿でヒゲ脱毛なら口コミの多い湘南美容クリニックが良いのですかね?

ジョン メデスキとは?

メデスキ、マーティン・アンド・ウッド(Medeski Martin & Wood)は、3人からなるアメリカのジャズ・ファンクバンドになります。

その中のピアニストがジョン・メデスキになります。

他のメンバーは、「ビリー・マーティン」「クリス・ウッド」になります。3人の名前がそのままバンド名になっているんですね。

1991年に結成し、ジャズ・ファンクとヒップ・ホップに即興音楽・前衛音楽を混ぜて行くスタイルとなっています。

1997年には自己レーベル、Indirecto Recordsを創設しました。
今までに16枚のアルバムを制作しています。

 

ジョン・メデスキが来日

NYの前衛ピアノジャズトリオとして知られるMedeski Martin & Woodの1/3、稀代のピアニストであるジョン・メデスキの来日決定!

ジョン・メデスキは、2013年に自身初となるソロアルバム「A Different Time」をリリースし、これまでのフリーキーで実験的な音楽性から一転、とても深く、静謐で瞑想的なピアノソロを披露。
心が安らかに鎮まる魔法のよう音色と旋律で、今年50歳を迎えながらにしてなお新たな境地を切り拓きつつある。

実に5年ぶりの来日となる今回の公演では、繊細なピアノの音色と生演奏の迫力を味わってもらうべく演奏者の息づかいさえも聞こえてきそうなくらい近い、円形劇場スタイルで行います。

東京公演の会場となる渋谷のWWWでは、常設のグランド・ピアノをダンスフロアへ移動させ、ステージ上にも観客席を作り、ピアノと演奏者を全方位から囲む形とします。客席に段差のある元映画館の特性を活かした演出をお楽しみください。

 

サイト管理者の健司です

どうも、サイト管理者の健司と言います。今回は「ジョン メデスキ」について紹介しました!

なぜジョン メデスキなのかと言えば、私が好きなピアニストの一人だから。私もピアノをしているので、ジョン メデスキの凄さが分かります。

という事で、ジョン メデスキの紹介をしてみました。

ちなみに、先日引っ越しをしたんですが、引っ越しをする際にピアノの運び出しに困りました。

ちょっとピアノが大きすぎて、普通の引っ越し業者じゃ運べないとの事。。。

なので、ピアノだけ別に業者を頼んで運んでもらうことに。しかも、値段も高い!

ただでさえ引っ越しでお金がかかってない状況なのに。。。

既に引越しで必要なお金を借りていましたからね。(※引越し費用ローン

ピアノがあるお宅は、引っ越しの時要注意ですよ(‘ω’)ノ